Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、「OCN ID」復旧状況の告知ページを用意 - 復旧見込みは未定

「OCN ID」の管理サーバが不正アクセスを受けた問題で、NTTコミュニケーションズは、各サービスへの影響などを表にまとめ、公開した。

7月29日の時点で通常と同様に利用できるのは、ウェブメール「OCNメール」とトップページに限られ、ほぼすべてのサービスで「OCN ID」によるログインはできない状況が続いている。一部では「OCN ID」を利用できないものの、独自IDでサービスを提供しているケースもある。

具体的な復旧見込みは明らかにされておらず、同社では具体的な復旧時期が確定次第、同ページでアナウンスする方針。

また期間中付与できなかったり、有効期限を迎えるポイントサービスについても補填する方針などを明らかにしている。

(Security NEXT - 2013/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 顧客情報含むサーバへ不正アクセス
5月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出か - 日本文化センター
FX取引サービスのM2Jに不正アクセス、顧客情報流出か - ログインPW流出は否定
スパリゾートハワイアンズの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
不正アクセスで問合顧客の個人情報が流出か - 日産化学工業
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 防犯カメラ通販サイト
東商マート、顧客情報流出の調査結果を報告 - 当初可能性を大幅に下回る規模
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 医療情報サービス会社
不正アクセス被害の住宅金融支援機構関連サイト、約3カ月ぶりに再開
国交省関連サイトから情報流出の可能性 - 「Struts 2」脆弱性突かれ不正プログラム設置