Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7支店で顧客情報5367件を含む伝票の紛失が判明 - 福邦銀

福邦銀行は、7支店であわせて5367件の顧客情報含む伝票が所在不明になっていることを明らかにした。誤廃棄の可能性が高いという。

所在不明になっているのは、2002年4月1日から2009年2月4日までに作成された26日分の伝票9037件。個人3590件、法人1777件の顧客情報が記載されており、顧客の氏名、住所、電話番号、勤務先、口座番号、届出印などが含まれる。

同行は、保存期間を経過し、不要となった伝票の一斉処分を行った際、誤って廃棄した可能性が高いと説明。不正利用なども確認されていないという。

今回の紛失を受け、同行では、対象となる顧客を特定し、個別に報告する方針。

(Security NEXT - 2013/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
「高校生活支援カード」を紛失、誤廃棄か - 大阪府
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部
車検関連の申請書類214万件を誤廃棄 - 九州運輸局
県立校で指導要録などを誤って裁断 - 神奈川県
休眠口座の印鑑届が所在不明に - 浜松いわた信金