Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンビニ従業員が有名スポーツ選手の防犯カメラ画像を投稿

ファミリーマートは、フランチャイズ加盟店において、防犯カメラの映像をアルバイトの従業員がインターネット上に公開していたとして謝罪した。

20130715_fm_001.jpg
投稿された写真(一部加工)

同店でアルバイトをしている大学生が、「7月15日9時40分に有名スポーツ選手が店舗へ来店した」などとして、実名とともに防犯カメラに映った利用客3人が映った画像をTwitter上に公開していたもの。店舗なども特定できる状況だった。

画像は不鮮明で、スポーツ選手本人であるか判別できないが、利用客のプライバシーや防犯カメラの画像を公開していたことから、インターネットなどで批判する声があがった。問題のアカウントはすでに削除されている。

同社は今回の問題を受けて謝罪。コンプライアンス上の指導を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2013/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

区立こども園の保育室で園児画像含むカメラが所在不明に - 台東区
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
私立保育園で園児の画像や動画含むカメラが所在不明 - 大阪
ナンバープレートなど含む記念写真データが所在不明 - 三菱自
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院
防犯カメラ129台分のパスワード含む資料を一時紛失 - 大阪市
ワコールの通販サイトで顧客情報を誤表示 - キャッシュ設定のミスで
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も
患者情報を紛失、匿名による郵送で発覚 - 神戸中央病院
不正アクセスによる情報漏洩、会員など最大約6万人に影響 - イベント制作会社