Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共同通信社の電子新聞配信サービスに不正アクセス

共同通信社の電子新聞配信サービス「ニュースオアシス」が不正アクセスを受けたことがわかった。

不正アクセスにより同サービスへ侵入されたもので、同社では一時サービスを停止した。一部報道によれば、閲覧によりウイルスに感染する可能性があったと見られるが、被害の詳細など、利用者に対するアナウンスなどは現状行われていない。

同社では、一時的に代替サイトで提供。サービスの再開に向けて、復旧作業を進めている。

(Security NEXT - 2013/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸