Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニフティに不正アクセス、2万1184件のIDに不正ログイン

ニフティの会員向けサービス「@nifty」において、顧客になりすました第三者による不正ログインが発生した。

7月14日から16日にかけて特定のIPアドレスを発信元として、なりすましによる不正ログインが発生したもの。今回の攻撃により、少なくとも2万1184件のIDが不正にログインされた。すでに発信元となったIPのアクセスについては遮断している。

なりすましによりログインされた場合、「氏名」「住所」「電話番号」「生年月日」「性別」「秘密の質問と回答」「ご契約状況」「ご利用料金」「メールアドレス」などの顧客情報が閲覧された可能性があるという。会員情報の改ざん、有料サービスの不正利用は確認されていない。

今回の不正アクセスについて、何らかの手段で入手されたIDとパスワードが用いられた攻撃であると同社では説明。同社経由の情報漏洩を否定した。

また関係する利用者に対して7月18日よりメールで連絡を取り、パスワードの再設定を求める予定。さらに顧客自身が被害を受けたIDであるか確認できるページを、準備が出来次第、公開する予定。

(Security NEXT - 2013/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で