Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニフティに不正アクセス、2万1184件のIDに不正ログイン

ニフティの会員向けサービス「@nifty」において、顧客になりすました第三者による不正ログインが発生した。

7月14日から16日にかけて特定のIPアドレスを発信元として、なりすましによる不正ログインが発生したもの。今回の攻撃により、少なくとも2万1184件のIDが不正にログインされた。すでに発信元となったIPのアクセスについては遮断している。

なりすましによりログインされた場合、「氏名」「住所」「電話番号」「生年月日」「性別」「秘密の質問と回答」「ご契約状況」「ご利用料金」「メールアドレス」などの顧客情報が閲覧された可能性があるという。会員情報の改ざん、有料サービスの不正利用は確認されていない。

今回の不正アクセスについて、何らかの手段で入手されたIDとパスワードが用いられた攻撃であると同社では説明。同社経由の情報漏洩を否定した。

また関係する利用者に対して7月18日よりメールで連絡を取り、パスワードの再設定を求める予定。さらに顧客自身が被害を受けたIDであるか確認できるページを、準備が出来次第、公開する予定。

(Security NEXT - 2013/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
肉加工食品通販サイトに不正アクセス - 情報流出でカード不正利用の可能性
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開