Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防衛省、サイバーディフェンス連携協議会を発足 - サイバー攻撃対策で官民連携

防衛省は、同省と防衛産業におけるサイバー攻撃対処能力の向上を目指し、サイバーディフェンス連携協議会(CDC)を発足した。

同協議会では、民間の防衛産業の安全性確保が自衛隊の安定的な活動を進める上で重要であるとし、同省、自衛隊および防衛産業でパートナーシップを確立。対処能力の向上、信頼関係の構築を通じてサイバー攻撃へ対応していく。

標的型メール攻撃や不正通信に関する情報共有を進めるほか、企業間で情報共有が難しい情報については、防衛省がハブとなり、情報共有を推進。サイバー攻撃に対するベストプラクティスの共有、共同訓練などの実施も計画している。

同協議会ではサイバーセキュリティに強い関心を持つ10社程度をコアメンバーとするが、取り組みや実効性などを理由に参加企業は非公開とした。

(Security NEXT - 2013/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバー防衛シンポ」が6月に開催 - ナイトセッションも
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
神戸製鋼とパスコに不正アクセス - 防衛秘密への影響否定
NEC防衛部門の一部サーバに不正アクセス - 内部感染拡大を検知できず
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も
凸版印刷、セキュリティ人材の育成で新会社
中国関与の「APT10」、マレーシアやベトナムの医療関連に攻撃展開
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に