Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防衛省、サイバーディフェンス連携協議会を発足 - サイバー攻撃対策で官民連携

防衛省は、同省と防衛産業におけるサイバー攻撃対処能力の向上を目指し、サイバーディフェンス連携協議会(CDC)を発足した。

同協議会では、民間の防衛産業の安全性確保が自衛隊の安定的な活動を進める上で重要であるとし、同省、自衛隊および防衛産業でパートナーシップを確立。対処能力の向上、信頼関係の構築を通じてサイバー攻撃へ対応していく。

標的型メール攻撃や不正通信に関する情報共有を進めるほか、企業間で情報共有が難しい情報については、防衛省がハブとなり、情報共有を推進。サイバー攻撃に対するベストプラクティスの共有、共同訓練などの実施も計画している。

同協議会ではサイバーセキュリティに強い関心を持つ10社程度をコアメンバーとするが、取り組みや実効性などを理由に参加企業は非公開とした。

(Security NEXT - 2013/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
「Thrip」が衛星通信や防衛産業を標的に - 中国国内の端末から操作
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
Flashゼロデイ攻撃、北朝鮮攻撃グループ「TEMP.Reaper」が関与 - FireEye分析
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
2018年度のセキュリティ関連予算概算要求額は727.5億円
国内防衛産業を標的としたサイバー攻撃 - サンドボックスの突破技術など搭載