Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防衛省、サイバーディフェンス連携協議会を発足 - サイバー攻撃対策で官民連携

防衛省は、同省と防衛産業におけるサイバー攻撃対処能力の向上を目指し、サイバーディフェンス連携協議会(CDC)を発足した。

同協議会では、民間の防衛産業の安全性確保が自衛隊の安定的な活動を進める上で重要であるとし、同省、自衛隊および防衛産業でパートナーシップを確立。対処能力の向上、信頼関係の構築を通じてサイバー攻撃へ対応していく。

標的型メール攻撃や不正通信に関する情報共有を進めるほか、企業間で情報共有が難しい情報については、防衛省がハブとなり、情報共有を推進。サイバー攻撃に対するベストプラクティスの共有、共同訓練などの実施も計画している。

同協議会ではサイバーセキュリティに強い関心を持つ10社程度をコアメンバーとするが、取り組みや実効性などを理由に参加企業は非公開とした。

(Security NEXT - 2013/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
2018年度のセキュリティ関連予算概算要求額は727.5億円
国内防衛産業を標的としたサイバー攻撃 - サンドボックスの突破技術など搭載
東京情報大と日立システムズ、セキュリティ分野で包括連携 - 医療分野での対策を研究
防衛装備庁「電子入札システム」のインストーラに再び脆弱性
防衛装備庁の入札システムインストーラに脆弱性 - 修正版が公開
「ほこ×たて」勝利のサカエ、裁断面積2.5ミリの新シュレッダー
9割弱がサイバー攻撃へ不安 - 情報漏洩へ高まる懸念
政府、「サイバーセキュリティ2015」でパブコメ実施
Javaにゼロデイ脆弱性 - ロシア関連グループが標的型攻撃に利用