Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、クラウド保存データを自動暗号化できる製品にログ管理機能

NTTソフトウェアは、ログ管理機能を強化したクラウドセキュリティ製品「TrustBind/Secure Gateway」の最新版を、8月1日より提供開始する。

同製品は、プロキシを通じてクラウドサービスに保存するデータを自動的に暗号化できるソリューション。最新版では、ログ管理機能を強化した。

ユーザーがクラウドサービスを利用する際のログを保存し、監査に必要な利用履歴情報を提供する。記録されたログの閲覧、検索、解析、レポーティングには、インフォサイエンスの「Logstorage」を採用した。

またクラウドサービスで提供されるウェブサービスAPIに対応。業務アプリケーションや社内システムからのアクセス、システム間の連携によるデータ交換時における暗号化やログ記録が可能となった。

今回はSalesforce.comが提供するSOAP/RESTの各APIに対応しており、今後対応プラットフォームを順次拡大していく予定。価格は月額1000円/ID。

(Security NEXT - 2013/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割