Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AmazonのAndroidアプリストアに偽アプリが混入 - 無線LANクラックアプリ装うも単なる広告

米Amazonが展開するAndroid向けアプリストアに偽アプリが混入したことがわかった。

米Symantecによれば、問題のアプリは、付近にある無線LANのパスワードを解析するなどと説明した「Password Wifi Hacker Plus」。実際にそのような機能は実装しておらず、広告表示が目的のアプリだった。

複数の広告コンポーネントを含み、位置情報を取得するほか、通知パネルやポップアップから広告を表示するという。同社では、同アプリを「Android.Fakeapp」として検知するよう対処。Amazonに不正アプリを報告した。

Androidアプリは、公式サイトであるGoogle Play以外でも、各企業が独自に安全基準などを設けてアプリストアを展開している。Symantecでは、アプリが機能を実装しているか特定することは容易ではなく、アプリストアから不正アプリを除外することは難しいと指摘。セキュリティ対策ソフトの活用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
佐川装う悪質SMS、相談件数が10月以降急増 - iOS利用者も標的に
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー