Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AmazonのAndroidアプリストアに偽アプリが混入 - 無線LANクラックアプリ装うも単なる広告

米Amazonが展開するAndroid向けアプリストアに偽アプリが混入したことがわかった。

米Symantecによれば、問題のアプリは、付近にある無線LANのパスワードを解析するなどと説明した「Password Wifi Hacker Plus」。実際にそのような機能は実装しておらず、広告表示が目的のアプリだった。

複数の広告コンポーネントを含み、位置情報を取得するほか、通知パネルやポップアップから広告を表示するという。同社では、同アプリを「Android.Fakeapp」として検知するよう対処。Amazonに不正アプリを報告した。

Androidアプリは、公式サイトであるGoogle Play以外でも、各企業が独自に安全基準などを設けてアプリストアを展開している。Symantecでは、アプリが機能を実装しているか特定することは容易ではなく、アプリストアから不正アプリを除外することは難しいと指摘。セキュリティ対策ソフトの活用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
「VMware AirWatch」のコンソールなどに脆弱性 - アップデートが公開
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止