Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SDNA、Androidアプリ脆弱性検査ツールのオンライン提供を開始

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ(SDNA)は、Androidアプリの脆弱性検査ツール「Secure Coding Checker」のオンライン販売を開始した。

20130418_sd_001.jpg
診断結果レポートのイメージ(画像:SDNA)

同ツールは、Androidアプリの「apkファイル」に脆弱性が含まれていないか診断するSaaS型サービス。日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)が作成した「Androidアプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド」に準拠している。

当初5月中旬に発売を予定していたが、リリースを6月に変更。同社の営業窓口を通じて販売してきたが、7月よりオンライン販売に対応した。

月額利用料は個人の場合、1アプリあたり1050円。法人の場合は5万2500円で10アプリまで利用できるほか、年間契約やオンプレミス版の提供にも対応する。

(Security NEXT - 2013/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
DJI、ドローン操縦アプリにインターネット接続を停止するモード
リモコン操作に対応したAndroid TV向けセキュリティ対策アプリ
「BlueBorne」の影響をチェックできるAndroidアプリ