Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業や公共機関のサイト改ざん急増 - 高まるウイルス感染リスク

情報処理推進機構(IPA)は、企業や公共機関のウェブサイト改ざんが継続的に発生している事態を受け、一般閲覧者向けに予防や事後対策などを紹介して注意を呼びかけた。

同機構では、「トヨタ自動車」や「リコージャパン」「日本赤十字社」「札幌市観光情報サイト」など、利用者が多いウェブサイトで改ざんが相次いでおり、インターネット利用者におけるウイルス感染の危険性が高まっていると指摘。感染した場合、FTPやメールのアカウントが窃取されたり、マルウェアの多重感染に陥るおそれがある。

感染を防ぐためには、脆弱性の解消が重要であると説明。OSはもちろん、「JRE」や「Flash Player」「Adobe Reader」などのアプリケーションをつねに最新に保つことを対策に挙げ、こうしたプログラムが最新版であるか確認できる無償ツール「MyJVNバージョンチェッカ」の使用を推奨している。

このほか、ウイルス対策機能だけでなく、パーソナルファイアウォールや有害サイトブロック機能を搭載した統合セキュリティソフトの活用なども有効な対策としている。

感染のおそれが判明した際は、セキュリティ対策ソフトにより、端末内部のスキャンを実施することが基本となるが、ウイルスが検知されなかった場合でも、パーソナルファイアウォールが外部への不審なアクセスを検知したり、ブロックした場合は、何らかのウイルスに感染している可能性があり、詳細を確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2013/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み
各務原市の音楽フェスサイトが改ざん被害 - 不正サイトに誘導
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
JR東日本「列車運行情報アプリ」用APIサーバに脆弱性 - アプリの削除を
一部サイトが改ざん被害、外部サイトに誘導 - 広島大
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応