Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドコモのMDMサービス、スマホ向けセキュリティ機能を拡充

NTTドコモは、携帯電話を一元管理する法人向けサービス「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」に、スマートフォン向けのセキュリティ機能を7月1日より追加する。

同サービスは、携帯電話やスマートフォンを一元管理できるソリューションで、紛失時のリモートロックやデータ消去、端末の一括設定、アプリの自動インストール、セキュリティレポート、インストールアプリの遠隔チェックなどの機能を用意している。

これら従来の機能にくわえ、今回の機能強化でスマートフォンをOSレベルで制御することが可能となる。赤外線通信、Wi-Fi、テザリングといったネットワーク機能にくわえ、カメラ、ワンセグといったデバイス、スクリーンキャプチャなどの利用制限が可能。

また、業務アプリの遠隔インストール、不要アプリの遠隔削除、指定アプリのインストール制限などアプリ管理のほか、無線LANのアクセスポイントを指定できる。

基本料金が月額1050円。今回追加したスマートフォン向けの遠隔管理機能は、オプションとして提供する。月額525円から。

(Security NEXT - 2013/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」