Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

黄熱の予防接種を受けた30人の個人情報が所在不明に - 厚労省

厚生労働省名古屋検疫所において、黄熱の予防接種を受けた30人の予約票および問診票が所在不明となっていることがわかった。

所在不明になっているのは、6月20日に同所で黄熱の予防接種を受けた30人分の電話予約票および問診票。氏名、住所、電話番号、生年月日、病歴などが記載されていた。

予防接種終了後、関連書類は担当者が同日中に所内の鍵付き書庫に保管することになっているが、21日朝に別の職員が書庫を確認したところ、書類の紛失が判明した。

同検疫所では、紛失を受けて警察へ紛失届を提出。対象となる30人には電話で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2013/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
患者の個人情報記載の書類を紛失 - 東京歯科大市川総合病院
国保の特定健診で別人の「問診票」を誤送付 - 諏訪市
個人情報記載書類を汚損した書類とともに誤廃棄 - 静岡市
患者や医師の個人情報を営業車ごと盗難 - 中外製薬