Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

汎用USBメモリにセキュリティ機能を追加する「InterSafe SecureDevice」がWindows 8に対応

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、「InterSafe SecureDevice」のWindows 8対応版を販売開始した。

同製品は、一般的なUSBメモリにソフトウェアをインストールし、暗号化や未登録PCへのコピー制限などセキュリティ機能を追加できるソフトウェア。「Standard」モデルにくわえ、ウイルスチェック機能や自働ログ取得機能などを搭載した上位モデル「Professional」を用意している。

価格は、「同Standard」が3万9900円から。「同Professional」が15万4560円から。ガバメントライセンスやアカデミックライセンスも用意している。

(Security NEXT - 2013/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
次期バージョン「OpenSSL 3.0.0」の設計概要が公開
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり