Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、リスクマネジメントサービスをグローバルブランド「WideAngle」として展開

NTTコミュニケーションズと同社子会社の独Integralisグループは、リスクマネジメントサービスのブランドを「WideAngle」としてリニューアルし、グローバルブランドとして6月28日より提供開始する。

同ブランドでは、IT環境のリスク分析や評価を行うコンサルティングサービスをはじめ、セキュリティ機器の導入支援、マネージドセキュリティサービス(MSS)を提供。

MSSでは、世界14カ国450人体制で対応し、ログの相関分析による未知のマルウェアに対応する新開発の「SIEMエンジン」などを活用したサービスをグローバルに展開していく。

サービスは、日本をはじめ、米国、イギリス、シンガポールより開始。7月には、タイ、マレーシア、8月には香港、オーストラリアへとサービスを順次拡大していく。また同社では、Integralisグループの社名を6月末より順次「NTT Com Security」に変更する予定。

(Security NEXT - 2013/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
ソフバンテク、MSSに海外拠点 - 海外進出企業向けサービスを強化
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー