Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁とセコムトラストシステムズ、サイバー犯罪対策で協定

警視庁とセコムトラストシステムズは、サイバー犯罪の認知、被害防止に向け、情報連携や捜査協力で協定を締結した。

今回の締結により、セコムTSでは、不正アクセス、DoS攻撃、ウイルス、フィッシングなどのサイバー犯罪による被害を認知した際、顧客の承諾を受けた上で警視庁へ通報する。通報を受けた警視庁では、同社の事業運営に配慮しつつ捜査協力を得て、サイバー犯罪の事件化を積極的に進める。

また両者は、情報共有を積極的に推進。セコムTSは、警視庁の助言や援助のもと、サイバー犯罪による被害の拡大や再発を防止する措置を講じていく。

(Security NEXT - 2013/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
Cisco、インターポールと脅威情報を共有 - サイバー犯罪対策で
約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が開催中 - 論文採択率は約2割
Kaspersky Labとインターポール、脅威情報共有の協定を更新
2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
攻殻機動隊コラボの女性限定CTF、「CODE BLUE」で開催