Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁とセコムトラストシステムズ、サイバー犯罪対策で協定

警視庁とセコムトラストシステムズは、サイバー犯罪の認知、被害防止に向け、情報連携や捜査協力で協定を締結した。

今回の締結により、セコムTSでは、不正アクセス、DoS攻撃、ウイルス、フィッシングなどのサイバー犯罪による被害を認知した際、顧客の承諾を受けた上で警視庁へ通報する。通報を受けた警視庁では、同社の事業運営に配慮しつつ捜査協力を得て、サイバー犯罪の事件化を積極的に進める。

また両者は、情報共有を積極的に推進。セコムTSは、警視庁の助言や援助のもと、サイバー犯罪による被害の拡大や再発を防止する措置を講じていく。

(Security NEXT - 2013/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
「CODE BLUE」、基調講演にMikko Hyppönen氏ら招聘
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
セキュリティ啓発ポスターのコンテストを開催