Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、捜査効率化に向けた「サイバー犯罪特別対処班」を新設

警察庁は、警視庁と道府県警察の捜査員で編成した「サイバー犯罪特別対処班」を新設した。7月1日より運用開始する。

サイバー犯罪に地理的な制限がなく、各道府県警が都内のプロバイダに対する差し押さえなど事案が増加していることから、サイバー犯罪捜査の効率化に向けた「サイバー犯罪特別対処班」を警視庁生活安全部サイバー犯罪対策課に新設したもの。

不正アクセスや児童買春、児童ポルノなど、国費認定を受けたサイバー犯罪の捜査において、プロバイダに対する差し押さえや検証を行う。ただし、インターネット・ホットラインセンターの通報による事件捜査は対象外としている。

さらに、ネットバンキングの不正送金なども、警視庁に対する申告が集中しており、こうした事案についても同班が対応し、初動捜査や情報共有の迅速化を図るとしており、申告を行った金融機関に対する事情聴取や、関係道府県警の捜査に必要な関係資料の入手、口座凍結のための情報提供など捜査活動を展開していく。

(Security NEXT - 2013/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
Cisco、インターポールと脅威情報を共有 - サイバー犯罪対策で
約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が開催中 - 論文採択率は約2割
Kaspersky Labとインターポール、脅威情報共有の協定を更新
2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
攻殻機動隊コラボの女性限定CTF、「CODE BLUE」で開催