Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、不正ファイル検知技術「WildFire」がプライベートクラウドでも利用可能に

パロアルトネットワークスは、不正ファイル検知技術「WildFire」をプライベートクラウド内に導入できる新製品「Palo Alto Networks WF-500アプライアンス」を販売開始した。

130618_pa_001.jpg
Palo Alto Networks WF-500アプライアンス

「WildFire」は、サンドボックスを用いてファイルの安全性を検証するソリューション。同社のファイアウォール向けの追加機能として提供されており、未知のマルウェアを検出して定義ファイルを作成し、ファイアウォールでマルウェアによる通信を遮断できる。

同社はこれまでも、「WildFire」を国内のデータセンターへ設置するなど国内企業向けのサービスを用意してきたが、ファイルの検証にあたり、外部のパブリッククラウドへファイルを送信する必要があった。

今同追加した同製品を利用することにより、プライベートクラウド内でファイルの検証が可能。ファイルを組織外部へ送信できないセキュリティポリシーを持つ企業のニーズに応える。

ただし、定義ファイルを作成する場合は、マルウェア判定されたファイルを、パブリッククラウドへ送信する必要がある。マルウェア判定ファイルの外部送信については、同アプライアンス上で利用者が選択できる。

(Security NEXT - 2013/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
IBM、インシデント対応に向けた事前事後対策サービスを拡充
アズビル、インフラや制御システム向けマルウェアセンサーを発売
ファイア・アイ、一太郎ファイルの解析に対応 - ジャストシステムと情報共有も
マクニカ、ブランド価値を毀損するリスクの可視化サービス
ソフォス、クラウドの仮想環境利用したマルウェア解析オプション
迷惑な「自動巡回プログラム」への対策ソリューション
DNP、サイバーレンジの疑似攻撃で訓練するイスラエル製サービス