Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向けセキュリティ製品「ESET Endpoint Protection」がAndroidをサポート

キヤノンITソリューションズは、マルチプラットフォームに対応した法人向けセキュリティ対策ソフト「ESET Endpoint Protection Advanced」を7月1日に発売する。

同製品は、マルチプラットフォームに対応したセキュリティ対策製品。プラットフォームが異なるクライアントを「ESET Remote Administrator」により一元管理することが可能で、ログや設定情報の管理やレポート作成、設定変更やオンデマンドスキャンの実施が行える。

20130607_ci_001.jpg
利用可能な機能の一覧(表:キヤノンITソリューションズ)

従来から対応している「Windows」「Mac OS X」「Linux」にくわえ、最新版では「Android」をあらたにサポート。ウイルスやスパムの対策機能、盗難対策にくわえ、インストールしたアプリケーションを把握できる「セキュリティ監査」や「リモート管理機能」を利用できる。

またWindows版では、最新OSだけでなく、すでにサポート対象外となっている「Windows 2000」や、来年4月にサポート終了となる「Windows XP」など、レガシーOSをサポートするという。

価格は、1000台から1999台まで導入した場合、1台あたりのライセンス価格は、1932円/年。ウイルス対策に特化した「ESET Endpoint Protection Standard」や、教育機関、官公庁用のライセンスも用意している。

(Security NEXT - 2013/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
「FFRI yarai」に新版 - マルチテナント対応の管理コンソールを追加