Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iPhone利用者狙う「サクラサイト」誘導アプリ - Android版と同グループが開発か

シマンテックは、iPhoneやiPadなどiOS向けにアプリを提供する「App Store」で、出会い系詐欺サイトへ誘導するアプリを確認したことを明らかにした。

同社によれば、問題のアプリは出会い系サイトを紹介するウェブページを読み込み、表示するだけの単純なつくり。すでに同様のAndroidアプリが従来より出回っているが、今回見つかったiOS用のアプリでは、同一サイトを紹介していた。

アプリのリンク先からサービスに登録すると、直後より「サクラ」からのメールが届くほか、登録したメールアドレスに対して、スパムが送信されるおそれがある。

問題のアプリは、「App Store」の英語版では、ゲームとして紹介されている一方、日本語のページではアダルト関連アプリであることをほのめかし、期間限定で無料ダウンロードできるなどと利用者を煽っていた。

アプリはすでに削除されているが、「App Store」では、アプリの事前審査を行っており、今回のような規約に違反するアプリは、承認を得られないのが通常。

シマンテックでは、審査時にブラウザで別のゲームコンテンツを表示し、承認後に変更した可能性があると指摘。不正アプリの配布方法が巧妙化しているとして、警戒を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
「詐欺被害相談サイト」に見せかけた架空請求に注意を - 電話番号でSEOか
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移
IPAが10大脅威を選出 - 注目集めるランサムウェア
「ウイルス検出」とだます偽警告、1年間で約15倍に
女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超
ランサム被害者の15%が支払に応じる - 5万円以上が3割超
アダルト請求解決装う業者に注意 - 検索結果から誘導