Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

原発事故の賠償関連書類を電車に置き忘れ - 東電

東京電力は、同社従業員が、原子力損害賠償の請求者に関する情報が含まれた書類を、埼玉県内で紛失したと発表した。

同社によれば、6月11日に個人情報が含まれる書類を電車へ置き忘れ、所在不明となっているもの。氏名や住所、請求状況など、原子力損害賠償の請求者22人分の個人情報が記録されていた。

同社では、今回の紛失を受けて警察署へ紛失届けを提出。探索しているが見つかっておらず、関係者に対しては個別に謝罪し、事情を説明しているという。

(Security NEXT - 2013/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8100人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 海城中高
PCを電車内で紛失、顧客情報含む可能性 - 医療系人材派遣会社
市立病院で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
取引先関係者の個人情報含むスマホを紛失 - 日本金属
個人情報が保存されたノートPCが所在不明 - NICT
学生の個人情報含む書類やPCを紛失 - ニトリ
顧客情報含むPCを電車に置き忘れ紛失 - ヤマハ
中学校卒業生の成績データ含むUSBメモリを紛失 - 岡山市
職員が県税関連の書類を鞄ごと紛失 - 広島県
小学校教職員のマイナンバー含む書類が所在不明 - 横浜市