Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内企業の83%がモバイルのセキュリティインシデントを経験

国内企業の53%がモバイルデバイス上に顧客情報を保存しており、83%がセキュリティインシデントを経験していることが、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの調査で判明した。

同調査は、日本人100人を含むワールドワイドのITプロフェッショナル790人を対象に、モバイルセキュリティに関する動向を調査。日本国内の動向を取りまとめた。

今回の調査では、65%が私物デバイスの業務利用が増加していると回答。33%は、2年前と比べて私物デバイスの数が5倍以上に増えたとしており、私物デバイスを業務で利用するBYODの広がりを示す結果となった。

また53%は、従業員のモバイルデバイスに機密性の高い顧客情報が保存されているとし、92%は顧客情報の盗難や紛失に懸念を持っている。さらに83%が、2012年にセキュリティインシデントを経験したと回答。被害額が25万ドルを超えたとする企業が36%にのぼった。

(Security NEXT - 2013/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に