Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内企業の83%がモバイルのセキュリティインシデントを経験

国内企業の53%がモバイルデバイス上に顧客情報を保存しており、83%がセキュリティインシデントを経験していることが、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの調査で判明した。

同調査は、日本人100人を含むワールドワイドのITプロフェッショナル790人を対象に、モバイルセキュリティに関する動向を調査。日本国内の動向を取りまとめた。

今回の調査では、65%が私物デバイスの業務利用が増加していると回答。33%は、2年前と比べて私物デバイスの数が5倍以上に増えたとしており、私物デバイスを業務で利用するBYODの広がりを示す結果となった。

また53%は、従業員のモバイルデバイスに機密性の高い顧客情報が保存されているとし、92%は顧客情報の盗難や紛失に懸念を持っている。さらに83%が、2012年にセキュリティインシデントを経験したと回答。被害額が25万ドルを超えたとする企業が36%にのぼった。

(Security NEXT - 2013/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
2017年3Qの脆弱性届け出は121件 - 前四半期から半減
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
2017年2Qの脆弱性届け出は269件 - ソフトウェア関連が2.6倍に
2017年2Qの脆弱性登録は3511件 - 制御システム関連は上半期に67件