Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内企業の83%がモバイルのセキュリティインシデントを経験

国内企業の53%がモバイルデバイス上に顧客情報を保存しており、83%がセキュリティインシデントを経験していることが、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの調査で判明した。

同調査は、日本人100人を含むワールドワイドのITプロフェッショナル790人を対象に、モバイルセキュリティに関する動向を調査。日本国内の動向を取りまとめた。

今回の調査では、65%が私物デバイスの業務利用が増加していると回答。33%は、2年前と比べて私物デバイスの数が5倍以上に増えたとしており、私物デバイスを業務で利用するBYODの広がりを示す結果となった。

また53%は、従業員のモバイルデバイスに機密性の高い顧客情報が保存されているとし、92%は顧客情報の盗難や紛失に懸念を持っている。さらに83%が、2012年にセキュリティインシデントを経験したと回答。被害額が25万ドルを超えたとする企業が36%にのぼった。

(Security NEXT - 2013/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%