Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kingsoft Internet Security」に不具合 - MS月例パッチ適用で起動時にエラー

キングソフトが提供するセキュリティ対策ソフト「Kingsoft Internet Security」で不具合が発生している。同社は修正プログラムの提供を開始している。

日本マイクロソフトが、6月12日に公開した月例セキュリティ更新プログラム「MS13-048」を適用すると、起動中に停止したり、ブルースクリーンの状態が発生する不具合が判明したもの。

同社は、更新プログラムを用意し、オンラインアップデートで提供を開始している。順次自動的に適用されるが、適用を急ぐ場合は手動でアップデートするよう同社では呼びかけている。

すでに症状が発生している場合は、「セーフモードとネットワーク」にて起動し、「Kingsoft Internet Security」をアップデートすることで問題を解消することが可能。セーフモードで起動できない場合は、Windows用の月例パッチを削除した上で「Kingsoft Internet Security」のアップデートを行い、再度月例パッチを適用する必要がある。

同社のウェブサイトで配布している同製品については、いずれも最新バージョンとなっており、更新プログラムを適用する必要はないとしている。

(Security NEXT - 2013/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報を誤表示、キャッシュ設定ミスで - グリーンスタンプ
「J SPORTS」で不具合 - 本人以外の個人情報閲覧や操作が可能に
キョードー東京サイトの個人情報誤表示、PW含まず - 27日に再開予定
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる
チケット販売サイトで他顧客情報を誤表示 - PWや秘密の質問なども
うさぎ用品の通販サイトが改ざん - 偽決済画面でカード情報詐取
造幣局の通販サイト、別の顧客情報を誤表示 - 保守時の作業ミスで
会員登録時に他顧客情報を表示 - ウェブマガ「KODE」
1月のMS月例パッチ、ファイルサーバ適用時に不具合
通販サイトで個人情報を誤表示、プログラム不具合で - ポニーキャニオン