Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生や学会関係者の個人情報含むPCが盗難被害 - 早稲田大理工学術院

早稲田大学理工学術院は、学生や卒業生、学会関係者など約320人の個人情報が保存されたパソコンが、盗難に遭ったことを明らかにした。

被害に遭ったのは、同院の教員が個人で所有しているノートパソコン1台。6月1日に教員が飲食している間に鞄ごと盗まれたという。盗難判明後、すぐに近くの交番へ被害を届けた。

問題のパソコンには、研究室の学生と卒業生約200人、および学会関係者約120人の氏名やメールアドレスなどが保存されていた。対象となる学生と学会関係者には報告と謝罪を行ったという。

(Security NEXT - 2013/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス
市施設で児童の画像含むメモリカードが盗難、職員が逮捕 - 印西市
中学校で貸出データ含む図書室設置PCが盗難 - 名古屋市
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
事務所荒らしで顧客情報が被害に - ニッポンレンタカー
患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院
顧客情報含むPCが帰宅途中に盗難 - ベンゼネラル
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ