Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、国家が関与するサイバー戦に特化した研究所を設置

ネットエージェントは、国家間のサイバー戦や、サイバーテロについて研究する独自機関「サイバー戦略研究所」を設置すると発表した。

40カ国以上がサイバー戦の専門部隊を配置し、日本政府も自衛隊に「サイバー防衛隊」を新設するなどサイバー防衛の重要性が高まっている社会情勢を受け、サイバー戦やサイバーテロに関する先端技術などへの研究活動を強化するもの。

具体的には各国のサイバー戦略の調査研究や、国家が関与したサイバー攻撃の手法や攻撃対象、実施人物に関する分析、攻撃手段の検証を実施。シミュレーション環境、防御方法、人材育成方法の開発などへ取り組む。

同社では、同研究所の活動を通じて国家の安全に寄与したいとしており、一般公開可能な情報などはウェブサイトを通じて発信していく。

(Security NEXT - 2013/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
政府、「サイバーセキュリティ月間」関連行事の募集を開始