Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月はフィッシングサイトの検知が増加 - BBソフトレポート

BBソフトサービスは、5月に同社のセキュリティ対策ソフト「Internet SagiWall」が検知した不正サイトの状況を取りまとめた。

20130606_bb_001.jpg
OSごとの検知率(表:BBソフトサービス)

レポートによれば、5月に検知した不正サイトは62万8529件で、前月の62万8244件とほぼ同水準となった。種類別に見ると、「ワンクリック・不当請求詐欺サイト」が前月より0.1ポイント減少したものの、全体の97%を占めている。

マルウェア感染サイトが0.9%、偽セキュリティソフト配布サイトが0.9%と前月から微減。一方フィッシング詐欺サイトは前月より0.4ポイント上昇し、全体の0.9%でそれぞれが並んだ。また、脆弱性悪用サイトもわずかながら上昇している。

(Security NEXT - 2013/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ