Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

科学技術振興機構の運営サイトが2度にわたり改ざん - 閲覧でウイルス感染の可能性

jstlogo.jpg

科学技術振興機構(JST)が運営する研究開発戦略センターのウェブサイトが2度にわたり改ざんされていたことがわかった。閲覧によりウイルスへ感染するおそれがあったという。

科学技術の政策情報などを配信する同センターの「デイリーウォッチャー」をはじめ、複数のページが改ざんされたもの。

20130604_js_001.jpg
Googleによる同サイトの検索結果。ウイルス感染のおそれがあるとして警告表示を行っている。サイトはすでに閉鎖されており、アクセスできない

5月27日に改ざん検知サイトの警告によって「デイリーウォッチャー」の改ざんを把握。5月25日に改ざんされたもので、同ページを削除した上でサーバに対するアクセスを制限した。しかし、再び6月3日に改ざんが発覚。6月1日から3日午前中にかけて4ページが被害に遭っており、同機構では同サイトを閉鎖した。

改ざんされたページを閲覧した場合、誘導された不正サイトからウイルスに感染する可能性がある。個人情報は取り扱っておらず、漏洩などは発生していない。同機構では、心当たりがある利用者に対し、ウイルスへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
長野県立歴史館のサイトが改ざん - 第三者が画像や文言を追加
阪大の一部サイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か