Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISA、拡張性を備えたネットワーク監視機器「NM-2100MX」を発売

アイエスエイは、データセンターや企業システムなど、大規模環境に対応するブレード型ネットワーク監視装置「NM-2100MX」を発売した。

20130603_is_001.jpg
ネットワーク監視装置「NM-2100MX」

同製品は、監視に特化した「監視ブレード」と、監視結果を集約、管理する「統合ブレード」で構成されたネットワーク監視機器。同社製品「警子ちゃん」との連携に対応している。

「ping」による死活監視や「SNMPトラップ」による監視など、14種類の監視機能を備えており、組み合わせて利用することが可能。レポート表示にくわえ、監視結果に応じて管理者へ通知したり、あらかじめ設定したアクションを実行できる。

1枚の監視ブレードで64サービス、オプションライセンスにより128サービスまで監視が可能。さらに監視ブレードは最大8枚まで拡張でき、最大1024サービスの監視に対応する。監視ブレードには、ネットワークポートを搭載し、ブレードごとに異なるネットワークグループを対象とすることもできる。

監視ブレードは、ホットスワップにより交換でき、設定内容を交換後のブレードへ自動的にリストアできる。電源も2系統を搭載し、ホットスワップが可能で、故障時にはSNMPトラップを発行できる。価格は最小構成で50万円から。

(Security NEXT - 2013/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
クラウドベースのPC操作ログ分析サービス - オージス総研
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア