Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Reader/Acrobat 9」のサポートが6月26日で終了 - 以降はセキュリティパッチ提供なし

アドビシステムズが提供する「Adobe Reader 9」および「Adobe Acrobat 9」のサポート期間が、ついに1カ月を切った。利用者はアップグレードなど対応が必要だ。

同社では、6月26日をサポート終了日としており、同日以降は、脆弱性などが明らかとなっても、セキュリティアップデートを提供しない方針。安全に利用するには、後継製品となる「同XI」や「同X」へのアップブレードする必要がある。

「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」は、利用者も多いことから、脆弱性攻撃のターゲットとなることも多い。添付ファイルを用いた標的型攻撃などでも脆弱性がたびたび悪用されており、セキュリティ機関などは、両製品を最新の状態へ保つことを呼びかけている。

セキュリティアップデートは、2013年に入ってから、1月に1回、2月に2回、5月に1回とすでに4回に及んでおり、定例外のアップデートで、ゼロデイ攻撃にも対応した。後継製品では、サンドボックスを備えるなど、セキュリティ面を強化しており、定例外のアップデートが減少することも期待されている。

(Security NEXT - 2013/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ
CMSの「TYPO3」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響