Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新生銀行を偽装したフィッシング攻撃が発生中 - 短縮URLを悪用

新生銀行を装うフィッシング攻撃が発生している。同行やフィッシング対策協議会では、利用者へ注意を呼びかけている。

今回確認されたのは、アカウントの不正利用があったとして偽サイトへ誘導し、口座番号や暗証番号、パスワードなどを騙し取る攻撃。複数のフィッシングサイトが確認されており、一部は現在も稼働中だという。

今回確認されたフィッシングサイトや、同サイトへ誘導するメールのいずれも、英文で記載されており、誘導するURLには、誘導先のドメインを隠すために短縮URLが用いられていた。

フィッシング対策協議会では、JPCERTコーディネーションセンターにサイト閉鎖に向けて調査を依頼。同行利用者へ注意を促すとともに、類似攻撃について見かけたら、同協議会へ連絡してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
アマゾン装うフィッシング - アカウントの「盗難」「閉鎖」など複数口実で誘導