Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新生銀行を偽装したフィッシング攻撃が発生中 - 短縮URLを悪用

新生銀行を装うフィッシング攻撃が発生している。同行やフィッシング対策協議会では、利用者へ注意を呼びかけている。

今回確認されたのは、アカウントの不正利用があったとして偽サイトへ誘導し、口座番号や暗証番号、パスワードなどを騙し取る攻撃。複数のフィッシングサイトが確認されており、一部は現在も稼働中だという。

今回確認されたフィッシングサイトや、同サイトへ誘導するメールのいずれも、英文で記載されており、誘導するURLには、誘導先のドメインを隠すために短縮URLが用いられていた。

フィッシング対策協議会では、JPCERTコーディネーションセンターにサイト閉鎖に向けて調査を依頼。同行利用者へ注意を促すとともに、類似攻撃について見かけたら、同協議会へ連絡してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple