Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、1日あたり数十億件のイベント処理に対応したSIEM製品

マカフィーは、セキュリティ情報やイベント情報を収集し、一元管理できる「McAfee Enterprise Security Manager」を、日本国内向けに7月29日より提供開始する。

同製品は、システムのログやセキュリティイベントの収集や管理、保存したデータの関連づけやリスク分析などを行うことができるSIEM(Security Information and Event Management)ソリューション。

大容量のセキュリティデータを処理するため、拡張可能なデータベースを搭載。1日あたり数十億件のイベント処理に対応しており、それらのイベントを脅威や対策、ユーザーIDなど個々の情報と関連付けて分析することが可能。

また、「Global Threat Intelligence」や「McAfee Risk Advisor」「McAfee Network Security Platform」「McAfee Vulnerability Manager」など各セキュリティツールとの統合にも対応する。価格は539万9320円から。

(Security NEXT - 2013/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供