Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、1日あたり数十億件のイベント処理に対応したSIEM製品

マカフィーは、セキュリティ情報やイベント情報を収集し、一元管理できる「McAfee Enterprise Security Manager」を、日本国内向けに7月29日より提供開始する。

同製品は、システムのログやセキュリティイベントの収集や管理、保存したデータの関連づけやリスク分析などを行うことができるSIEM(Security Information and Event Management)ソリューション。

大容量のセキュリティデータを処理するため、拡張可能なデータベースを搭載。1日あたり数十億件のイベント処理に対応しており、それらのイベントを脅威や対策、ユーザーIDなど個々の情報と関連付けて分析することが可能。

また、「Global Threat Intelligence」や「McAfee Risk Advisor」「McAfee Network Security Platform」「McAfee Vulnerability Manager」など各セキュリティツールとの統合にも対応する。価格は539万9320円から。

(Security NEXT - 2013/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開