Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、1日あたり数十億件のイベント処理に対応したSIEM製品

マカフィーは、セキュリティ情報やイベント情報を収集し、一元管理できる「McAfee Enterprise Security Manager」を、日本国内向けに7月29日より提供開始する。

同製品は、システムのログやセキュリティイベントの収集や管理、保存したデータの関連づけやリスク分析などを行うことができるSIEM(Security Information and Event Management)ソリューション。

大容量のセキュリティデータを処理するため、拡張可能なデータベースを搭載。1日あたり数十億件のイベント処理に対応しており、それらのイベントを脅威や対策、ユーザーIDなど個々の情報と関連付けて分析することが可能。

また、「Global Threat Intelligence」や「McAfee Risk Advisor」「McAfee Network Security Platform」「McAfee Vulnerability Manager」など各セキュリティツールとの統合にも対応する。価格は539万9320円から。

(Security NEXT - 2013/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校