Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エクスコムグローバルの情報流出問題でクレジットカード各社がアナウンス

エクスコムグローバルが不正アクセスを受け、4月にクレジットカード情報が流出していた問題で、クレジットカード会社や信販会社は、クレジットカード情報が悪用された場合も、クレジットカード所有者に負担が及ばないとのアナウンスを行っている。

エクスコムグローバルが運営するウェブサイト「GLOBALDATA」「Global Cellular」経由で個人情報が流出したことが公表されたことを受け、JCBをはじめ、三井住友カード、UCカード、三菱UFJニコス、セディナ、アプラス、ジャックス、オリコ、など各社が一斉にアナウンスを行ったもの。

エクスコムグローバルの発表によれば、4月27日に決済代行会社へモニタリングを依頼。同社を通じてクレジットカード会社に通知しており、4月30日より順次モニタリングが実施されている説明している。

クレジットカード会社各社は、被害の確認を進めるとともに、モニタリングによる不正利用の監視を実施しており、今回の流出に関連した不正利用により被害が発生した場合も、カード所有者には負担が及ばないことを強調している。

また明細書や利用履歴を確認し、利用した覚えがない取り引きがあれば、問い合わせるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ
委託先従業員が顧客クレカを不正利用 - ビューカード
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる