Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エクスコムグローバルの情報流出問題でクレジットカード各社がアナウンス

エクスコムグローバルが不正アクセスを受け、4月にクレジットカード情報が流出していた問題で、クレジットカード会社や信販会社は、クレジットカード情報が悪用された場合も、クレジットカード所有者に負担が及ばないとのアナウンスを行っている。

エクスコムグローバルが運営するウェブサイト「GLOBALDATA」「Global Cellular」経由で個人情報が流出したことが公表されたことを受け、JCBをはじめ、三井住友カード、UCカード、三菱UFJニコス、セディナ、アプラス、ジャックス、オリコ、など各社が一斉にアナウンスを行ったもの。

エクスコムグローバルの発表によれば、4月27日に決済代行会社へモニタリングを依頼。同社を通じてクレジットカード会社に通知しており、4月30日より順次モニタリングが実施されている説明している。

クレジットカード会社各社は、被害の確認を進めるとともに、モニタリングによる不正利用の監視を実施しており、今回の流出に関連した不正利用により被害が発生した場合も、カード所有者には負担が及ばないことを強調している。

また明細書や利用履歴を確認し、利用した覚えがない取り引きがあれば、問い合わせるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
聖教新聞の通販サイト、クレカ情報流出の可能性 - 詳細は調査中
元従業員が店舗でクレカ情報を窃取、通販に使用 - セキ薬品
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表