Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、MDMサービスに「セキュアブラウザ」 - 画面キャプチャやデータの残存を防止

インターネットイニシアティブは、クラウド型MDMサービス「IIJ Smart Mobile Managerサービス」に、スマートデバイス専用の「セキュアブラウザ」を7月上旬より提供する。

同サービスは、iOSおよびAndroid端末を一元管理できるクラウド型サービス。あらたに追加した「セキュアブラウザ」では、スマートデバイスにおけるウェブアクセスのポリシーを一括設定することが可能。立ち上げるたびに最新のポリシーを適用できる。

通信履歴やキャッシュ、クリップボード、画面キャプチャなどを禁止でき、「Officeファイル」や「PDFファイル」の表示をブラウザ内に限定することで端末内へデータが残存することを防止できる。クライアント証明書を用いた認証にも対応した。

また、「IIJ GIOリモートアクセスサービス」「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」など同社のセキュリティサービスと連携させることで、パソコンと同一のセキュリティポリシーで運用できる。セキュアブラウザの料金は、初期費用が1契約あたり2万円。月額料金が1端末あたり250円。

(Security NEXT - 2013/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ