Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、MDMサービスに「セキュアブラウザ」 - 画面キャプチャやデータの残存を防止

インターネットイニシアティブは、クラウド型MDMサービス「IIJ Smart Mobile Managerサービス」に、スマートデバイス専用の「セキュアブラウザ」を7月上旬より提供する。

同サービスは、iOSおよびAndroid端末を一元管理できるクラウド型サービス。あらたに追加した「セキュアブラウザ」では、スマートデバイスにおけるウェブアクセスのポリシーを一括設定することが可能。立ち上げるたびに最新のポリシーを適用できる。

通信履歴やキャッシュ、クリップボード、画面キャプチャなどを禁止でき、「Officeファイル」や「PDFファイル」の表示をブラウザ内に限定することで端末内へデータが残存することを防止できる。クライアント証明書を用いた認証にも対応した。

また、「IIJ GIOリモートアクセスサービス」「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」など同社のセキュリティサービスと連携させることで、パソコンと同一のセキュリティポリシーで運用できる。セキュアブラウザの料金は、初期費用が1契約あたり2万円。月額料金が1端末あたり250円。

(Security NEXT - 2013/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ