Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市職員が住民情報システムから個人情報を不正取得 - 加古川市

兵庫県加古川市において、職員が職務権限を利用して不正に住民情報を取得し、外部へ漏洩していたことがわかった。

20130527_ka_001.jpg
内部漏洩が発生した加古川市のHP

同僚である同市男性職員の依頼により、同市環境部の女性職員が市住民情報システムより個人情報を取得。男性職員が外部の第三者へ提供していたことが判明したもの。一部報道によれば、流出した情報が調査会社に提供されたり、恐喝未遂事件に利用されるなど悪用された可能性もある。

同市では、今回の問題に関して警察の捜査協力を優先しており、独自に調査することを控えていたと釈明。詳細を調べて事件を解明するとともに、再発防止に取り組みたいとしている。

(Security NEXT - 2013/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
区立こども園の保育室で園児画像含むカメラが所在不明に - 台東区
関連機関で性的少数者の個人情報を漏洩 - 富士市
スキャンした答案用紙を模範解答と誤り配信 - 佐賀県の高校
高齢者の個人情報含む名簿が所在不明 - 名古屋市
職員が同窓会目的で個人情報照会システムを利用 - 前橋市