Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市職員が住民情報システムから個人情報を不正取得 - 加古川市

兵庫県加古川市において、職員が職務権限を利用して不正に住民情報を取得し、外部へ漏洩していたことがわかった。

20130527_ka_001.jpg
内部漏洩が発生した加古川市のHP

同僚である同市男性職員の依頼により、同市環境部の女性職員が市住民情報システムより個人情報を取得。男性職員が外部の第三者へ提供していたことが判明したもの。一部報道によれば、流出した情報が調査会社に提供されたり、恐喝未遂事件に利用されるなど悪用された可能性もある。

同市では、今回の問題に関して警察の捜査協力を優先しており、独自に調査することを控えていたと釈明。詳細を調べて事件を解明するとともに、再発防止に取り組みたいとしている。

(Security NEXT - 2013/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
中学校で成績含む資料が約2カ月間放置状態に、生徒が発見 - 横浜市
職員のメールアカウントが詐取、メールが外部へ転送 - 富山県立大