Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TIS、XP利用企業向けにバージョンアップサービス - 影響を事前に把握、分析可能

TISは、2014年4月にサポートが終了する「Windows XP」からサポート中のOSへの移行を支援する「Windows7/8移行支援サービス」を提供開始する。

同サービスは、導入のコンサルや事前検証、移行、構築、端末の展開、保守、サポートサービスなどをワンストップで提供するサービス。バージョンアップに伴う影響を事前に把握し、分析することが可能。システム構成の変更などにも対応する。

料金は、 導入コンサルティングが29万4000円から。そのほかのサービスについては個別見積もりで対応する。同社では、同サービスを2014年3月までに50社へ提供する計画。

(Security NEXT - 2013/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Petya」も狙う「MS17-010」の脆弱性、少なくとも4000万台弱の未修正端末が稼働
MS、「Windows XP」などサポート終了OS向けに緊急パッチ - LAN内端末狙う「WannaCrypt」対策で
MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応
サポート終了「IIS 6.0」の脆弱性を狙う攻撃を観測 - ただちに対策を
「WannaCrypt」の復号キーをメモリから取得する「WannaKey」
「WannaCrypt」感染の9割超が「Windows 7」- 「Windows 10」でも
MS検証ツールにゼロデイ脆弱性、セキュリティ対策ソフトの制御奪取に悪用可能
4月に「Windows Vista」がEOL - 「Windows 7」終了まであと3年
「Windows 7」からのOS移行、2割がEOLにまにあわない可能性
「Chrome 50」の安定版がリリース、セキュリティ上の問題20件を修正