Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSO認証とアクセス制御でクラウドを保護する「Symantec O3」

シマンテックは、クラウドを保護するゲートウェイ型サービス「Symantec O3」を提供開始した。

同ソリューションは、クラウドにおけるシングルサインオンやアクセス制御、コンプライアンス管理を提供するセキュリティサービス。米Symantecによる米Verisign買収後、セキュリティと認証技術を融合させた最初の製品となる。

同サービスは、クラウドに対するアクセスを制御するゲートウェイとして動作。認証機能と管理者コンソールより設定出来るアクセス制御によりアプリケーションを保護し、セキュリティポリシーの実施やコンプライアンス対策を実現する。

また「Symantec Validation & ID Protection」を内蔵することで、ワンタイムパスワードによる二要素認証を実現した。年間利用料は、1万人規模で導入する場合、1ユーザーあたり3000円から。

(Security NEXT - 2013/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も