Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スクエニのアカウント情報の詐取するフィッシング - 「square-enlx」など細かい偽装工作

スクウェア・エニックスは、同社のアカウント管理システムのウェブページを偽装したフィッシングサイトへ誘導し、アカウント情報の詐取するメールが出回っているとして、注意喚起を行った。

問題のメールは、4月末ごろから流通していると見られ、契約や課金、利用規約違反などの問題について、アカウント管理システムにログインして確認するよう促す内容だという。

メールに記載されているURLはログインページを偽装したフィッシングサイトのものだが、正規URLの「square-enix」のハイフンがないものや、「enix」のスペルにある「i」を「l」へ変更したり、ドメイン「square-enix.com」のトップレベルドメイン「com」が異なるドメインを使用するなど、ユーザーを騙す細かい偽装工作を行っていた。

また、メール送信者も同社の正規メールアドレスを装っており、十分に確認しないと気がつかない場合がある。またアカウントを保有していないサービスの利用者以外に対しても同様のメールが送信されており、同社には多数の問い合わせが寄せられているという。

同社では、アカウント管理システムにログインする際には正規サイトか確認するよう注意を促している。

(Security NEXT - 2013/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開