Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフーら、政党や政治家サイト向けの脆弱性診断サービスを開始

ヤフーとデジタルハーツは、政治家や選挙候補者のサイトを対象に、脆弱性を診断してレポートを作成するサービス「サイバーセキュリティサポート」を提供開始した。

同サービスは、選挙候補者や国会議員、政党を対象に、ウェブサイトの脆弱性を調べる診断サービス。脆弱性に対する不正アクセスで情報漏洩が発生する可能性の調査など、セキュリティに関する課題を抽出し、「テクニカルレポート」として提供する。

両社は協業を通じて、今回のセキュリティサービス以外にも共同で新サービスの開発を進めており、政治情報の提供サービスなど拡充していく予定。

(Security NEXT - 2013/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す