Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フュージョン、特権ユーザーの操作ログを保管するクラウドサービス

フュージョン・コミュニケーションズは、月額制のクラウド型ログ監査サービス「FUSION Forensics」を提供開始した。

同サービスは、特権ユーザーやシステムエンジニアの操作ログを保管、分析できるクラウド型サービス。証明書を用いた中継サーバ経由で、作業環境に対する操作ログを取得する。

同社のクラウドサービスはもちろん、他社クラウドやオンプレミスなどさまざまな環境に対応。対象プロトコルは「SSH」「Telnet」「SCP」「SFTP」「FTP」で、「RDP」「HTTP」「HTTPS」にも対応する予定。

価格は最小構成で初期費用3万9900円から。月額料金は3万9900円から。ストレージ利用料が1Gバイトあたり月額105円。

(Security NEXT - 2013/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開