Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フュージョン、特権ユーザーの操作ログを保管するクラウドサービス

フュージョン・コミュニケーションズは、月額制のクラウド型ログ監査サービス「FUSION Forensics」を提供開始した。

同サービスは、特権ユーザーやシステムエンジニアの操作ログを保管、分析できるクラウド型サービス。証明書を用いた中継サーバ経由で、作業環境に対する操作ログを取得する。

同社のクラウドサービスはもちろん、他社クラウドやオンプレミスなどさまざまな環境に対応。対象プロトコルは「SSH」「Telnet」「SCP」「SFTP」「FTP」で、「RDP」「HTTP」「HTTPS」にも対応する予定。

価格は最小構成で初期費用3万9900円から。月額料金は3万9900円から。ストレージ利用料が1Gバイトあたり月額105円。

(Security NEXT - 2013/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校