Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチ10件を15日に公開予定 - 「IE 8」のゼロデイ脆弱性も修正する見込み

日本マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラム10件を、5月15日に公開する予定だ。深刻度「緊急」のプログラムは2件。「IE 8」の深刻な脆弱性についても修正される見込みだ。

深刻度が、4段階中もっとも高い「緊急」とされるプログラムでは、「Windows」「Internet Explorer」の脆弱性を修正する予定。2件のうち1件で、ゼロデイが発生している「IE 8」の脆弱性「CVE-2013-1347」を修正する計画だ。

のこりの8件は、いずれも深刻度「重要」にレーティングされているプログラム。「Windows」「Office」「.NET Framework」「Windows Essentials」「Lync」に存在する問題に対処する。

(Security NEXT - 2013/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
プリンストン製モバイルストレージに複数の脆弱性
「Movable Type」向け会員制サイト構築用プラグインなどにSQLiの脆弱性
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
Apple、「macOS High Sierra」向けに緊急アップデート - root権限取得できる問題へ対応
11月修正の「MS Office」脆弱性、攻撃受けるリスクが上昇
「macOS High Sierra」に誰でも容易にroot権限取得できる問題 - 対策の実施を