Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽サイト「twyitter」が発生 - スマホ利用者は特に注意を

類似ドメインを用いて人気SNS「Twitter」を装うフィッシングサイトが確認された。画面が小さく、スペルの違いを見落としやすいスマートフォンのユーザーは、特に注意が必要だ。

セキュリティ対策ソフトを提供するBBソフトサービスは、人気SNSの「Twitter」に見せかけた「twyitter.com」というドメインで運用されている不正サイトを、Android端末上で検知。サイトデザインも酷似していた。

すでに問題のサイトは閉鎖されているが、同サイト上では、セッション切れによるパスワードの再確認などと虚偽の説明を行い、IDやメールアドレス、パスワードの情報を騙し取っていた。

トレンドマイクロでも、同様の攻撃を確認している。「Twitter」のアカウントが乗っ取られる被害が増加傾向にあるという。

ツイートやDMによってフィッシングサイトへ誘導するケースが多く、「twyitter」以外にも、「iwtitter」「tvvitter」「tpwitter」「twpitter」など、紛らわしい文字列を用いられていた。

これまでも類似ドメインを用いた攻撃は確認されている。セキュリティベンダーでは、スマートフォンがPCの画面に比べてURLの確認が難しいと指摘。

「DM」や「ツイート」をクリックした際にログインを求められても安易にアカウント情報を入力せず、事前にブックマークした正規サイトからアクセスするなど、対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も