Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんで閲覧者にウイルス感染の可能性 - 埼玉県立大学後援会

埼玉県立大学の後援会が運営するウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされ、閲覧するとウイルスに感染する可能性があったことがわかった。

同大によれば、改ざんが発生したのは4月23日3時16分ごろ。同大後援会が、同月25日9時過ぎに被害へ気がつき、同日9時半ごろにサイトの公開を停止した。改ざんされたページを閲覧すると、外部の不正サイトへ誘導され、ウイルスに感染するおそれがあった。

ウェブサイトの管理を受託していたKSKが、原因究明と復旧作業を進めている。同大の公式サイトは別のサーバで運営されており、今回の改ざんによる影響はないと同大は説明している。また同大後援会サイトへのリンクについては削除した。

(Security NEXT - 2013/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
カード会員向けサイトにPWリスト攻撃、アカウント945件がログイン許す - アプラス
四国電力の会員サービスに不正ログイン - 149人でポイント交換被害
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大