Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんによるウイルス感染の可能性が判明 - 群馬の広告代理店

広告代理店である群馬アイエスのウェブサイトが一時改ざんされ、閲覧者にウイルス感染の可能性があることがわかった。

外部からの不正アクセスにより、4月25日5時から翌26日22時にかけて改ざんされた状態となり、期間中にサイトを閲覧した場合、ウイルスへ感染するおそれがあった。改ざんが判明したのは4月26日17時ごろで、詳細については調査中だという。

同社では群馬県の公式サイトにバナー広告を掲載しており、地方自治情報センターから同県に対し、外部サイトが改ざんされているとの通報があり問題が発覚。バナーを削除した上で、利用者へ注意を喚起した。

同社ではサイトを一時停止し修正を行い、安全を確認したうえで同月27日11時に再開した。同社では、利用者に対し、ウイルスへ感染していないかチェックを行うよう求めている。

(Security NEXT - 2013/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
札幌市のアーティスト支援施設でサイト改ざん - 外部に不正誘導
コインマイナー埋込狙う「Drupal」への脆弱性攻撃が発生 - 当初の一部緩和策に誤りも
うさぎ用品の通販サイトが改ざん - 偽決済画面でカード情報詐取
通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か
ホスティングサービスに不正アクセス、約5000サイトが改ざん - 利用者CMS経由でOS侵害
年末年始にかけてサイト改ざん、閲覧者に影響なし - 南紀白浜観光局
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
環境省の洋上風力発電実証事業関連サイトが改ざん - 偽通販サイト設置、外部不正サイトへの誘導も