Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカネット、標的型攻撃やAPTの対策ソリューション提供に注力

マクニカネットワークスは、高度化する攻撃への対策ソリューションについて、企業への提案強化を目的に、「マクニカネットワークス セキュリティ研究センター」を開設した。

海外を発信元とする「標的型攻撃」や「APT攻撃」の対策ソリューションついて、企業に対する提案を強化するため、設置したもの。今後さらにサイバー攻撃手法が高度化するとして、同社では同センターを通じて、予測的に防御システムの構築をサポートしていきたいとしている。

同センターでは、インテリジェンスや多層防御に基づき、ネットワークやホストのセキュリティ対策製品を組み合わせたソリューションを包括的に展開していくという。

(Security NEXT - 2013/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス