Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む伝票綴りが所在不明に - 京都信金

京都信用金庫の北伏見支店において、顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明になっていることがわかった。

同金庫によれば、2012年8月2日分の伝票綴り1冊を紛失したことが判明したもの。140件の顧客情報が含まれており、氏名、口座番号、金額などが記載されていた。金庫に保管していたが、3月8日に点検を行った際に紛失へ気が付いた。

同金庫では、誤って内部で廃棄した可能性が高いと説明。関連する問い合わせも受けていないという。また連絡が取れた顧客に対しては訪問し、謝罪した。

(Security NEXT - 2013/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
設備調査業務の委託先が顧客情報を紛失 - 中電
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ