Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KLab、個人情報検出ソフトの新版で「Windows 8」をサポート

KLabは、パソコン端末内に保存されている個人情報を検出できるソフトウェアの最新版「P-Pointer Ver3.7.0」を発売した。

同製品は、パソコンやサーバのハードディスクをスキャンし、氏名や住所、メールアドレスなど個人情報を含むファイルを検出するソフトウェア。インストールが不要で自動実行にも対応。監査結果を暗号化した上でファイルサーバに保存、一元管理できる。

最新版では、「Windows 8」および「Windows Server 2012」に対応した。「Mac OS X」については、前バージョン「同Ver3.6.1」よりサポートしている。

(Security NEXT - 2013/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
パーソルP&T、「Office365」など対象としたSOCサービス
日本ユニシス、撮影映像を記録しない映像解析サービス
TKC、マイナンバーカードを社内業務で活用
DNP、マイナンバーカードのデータ取得用ミドルウェアを開発
東芝テックら、マスク機能を備えた電子レシートの実証実験を開始
アイ・オー・データ、マイナンバー業務向けUSBメモリ