Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サッカーファンを狙うフィッシング - アカウント騙し取る偽Facebookページに注意

海外では、サッカー人気に便乗するフィッシング攻撃が頻発しており、早くも2014年に開催が予定されているワールドカップの話題を悪用する動きもあるという。

米Symantecによれば、メッシ選手やロナウド選手、FCバルセロナなど、人気がある選手やサッカークラブに便乗したフィッシング攻撃が発生しているという。

4月に発生した攻撃では、有名サッカー選手の写真などを多用して正規Facebookページを装い、FacebookのIDやパスワードなどのログイン情報を騙し取っていた。

誤って入力して送信すると、奪われた情報が「なりすまし」に悪用される可能性がある。また窃取したことを被害者へ悟られないよう、正規サイトへリダイレクトしていた。

同社では、メールの不審なリンクをクリックしたり、ウェブサイトのポップ画面などで、安易に個人情報を送信しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意