Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Java SEの既知脆弱性を悪用するコードが流通、悪用容易で影響大 - パッチ公開よりわずか2日で登場

「Java SE」の「クリティカルパッチアップデート」が4月16日に公開された。公開当時、修正対象となった脆弱性の悪用は確認されていなかったが、わずか2日で悪用コードがインターネット上に公開された。検証を行ったセキュリティ専門家は、危険性が高いとして修正済みの最新版へアップデートするよう呼びかけている。

流通する悪用コードが対象としているのは、「同7 Update 17」「同6 Update 43」「同5 Update 41」「JavaFX 2.2.7」および以前のバージョンに存在するリフレクション処理の脆弱性。メモリへのアクセス制限に問題が存在し、サンドボックス外でコードを実行されるという。ウェブやメールの添付ファイルなどを通じて、不正なJavaアプレットを開くと、コードを実行されるおそれがある。

インターネット上では、18日より悪用コードが公開されており、NTTデータ先端技術では、問題のコードについて検証を実施。リモートからシステムを奪取できることを確認した。

同社は今回の脆弱性について、悪用が容易であり、システムへ与える影響が大きいと危険性を指摘。脆弱性が修正されている最新版「同7 Update 21」「同6 Update 45」「同5 Update 43」「JavaFX 2.2.7」へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か