Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含むHDDが盗難、4時間後に駅構内で回収 - 首都大学東京

首都大学東京は、学生40人の個人情報が保存されたハードディスクを一時紛失したことを公表した。何者かに持ち去られたもので、約4時間後に駅員によって発見され、回収された。

4月5日23時50分から翌6日0時30分ごろまでの間に、同大教員が、JR山手線内の網棚にハードディスクを入れた鞄を置いて座席で居眠りしたところ、盗難に遭ったという。ハードディスクの内部には、学生約40人の氏名、学籍番号、出欠状況、成績評価などのデータが保存されていた。

同日4時30分ごろ、都営浅草線三田駅の構内で駅員が発見し、遺失物として回収。12日に同教員へ連絡が入り、ハードディスクを引き取った。保存ファイルを確認したところ、紛失後にアクセスされた痕跡はなく、ファイルにはパスワードを設定していたとして、情報漏洩の可能性はないと結論付けている。

(Security NEXT - 2013/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支援学校で個人情報含むHDDが紛失、盗難の可能性 - 大阪府
個人情報1.8万件含むHDDが2018年末より所在不明 - 豊見城市
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
個人情報含むHDD紛失で職員を処分 - 大阪の消防組合
患者の個人情報含むHDDが所在不明に - 相模野病院
患者や研修医など個人情報5.7万件が所在不明 - 大崎市民病院