Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、Androidアプリ個別解析サービス - 外注アプリの潜在リスクを可視化

ネットエージェントは、独自開発エンジンを利用し、Androidアプリに潜むセキュリティ上の問題を診断するサービス「Androidアプリ個別解析サービス」の提供を開始した。

同サービスは、意図しない脆弱性や、本来の仕様と異なる挙動、情報の取得などを行っていないか調査し、リスクを診断するサービス。アプリ開発を外部へ発注した企業などを対象に展開する。

同社のアプリ情報サイト「secroid」でも採用している独自エンジンを活用しており、アプリからアクセスする可能性があるURLや、導入されている広告モジュールの一覧、電子署名の内容、開発用サーバのIPアドレスの有無、個人情報や識別情報の取り扱いなど、チェックすることが可能。

未公開のアプリについても対応し、1アプリに対する1回あたりの診断料金は3675円。

(Security NEXT - 2013/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも