Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含むHDDやUSBメモリを紛失 - 佛教大

佛教大学の職員が、学生190人の個人情報が保存されたハードディスクやUSBメモリを紛失していたことがわかった。

3月に所在不明となったもので、紛失した媒体には、職員が過去に担当していた業務に関連するデータが保存されていた。学生190人の氏名、住所、学籍番号などが含まれている可能性があるという。

情報の不正利用などは確認されていないという。同大学では事実確認を進めており、詳細について順次報告する方針。

(Security NEXT - 2013/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

行政文書を紛失、誤廃棄の可能性も - 公取委
チケットの払込票控えが所在不明 - イベント制作会社
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 北海道情報大
関係者個人情報含む業務用携帯電話を紛失 - 国交省
年金未納者情報含むDVDを事務センター内で紛失 - 年金機構
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀
個人情報含む申請書類が所在不明 - 名古屋市
秘書検定の答案が所在不明、再試験を実施 - 実務技能検定協会
従業員の給与明細など含むUSBメモリを紛失 - 高木工業
検査結果など含む私物USBメモリが所在不明 - 福知山市民病院